人気のアルバイトのヒミツ、覗いてみませんか? 短く・賢く・楽しく働ける 『倉庫内軽作業』

倉庫内軽作業の初耳学 > 作業内容 > ピッキングは倉庫内から商品を探すお仕事です

ピッキングは倉庫内から商品を探すお仕事です


倉庫内作業の求人募集の内容を見ているとピッキングという言葉をよく目にします。聞いたことはあるけど仕事内容はわからないという方がほとんどだと思います。
ピッキングとはどのような作業内容なのか、メリットやデメリットはあるのか、ピッキングというお仕事をイメージできるようご紹介します。

ピッキングの主な仕事内容

指定された商品を倉庫内から探し出す作業のことをピッキングと言います。
たとえば、通販サイトからお客様が食品を購入されます。その食品を倉庫内から探し出し、お客様のもとへお届けするための準備をすることです。
伝票や指示書を見ながら作業しますので、商品を暗記する必要はありません。伝票や指示書に商品名と数が書かれていますので、間違いがないよう注意します。

現場によって仕事内容が変わることもある

基本的には伝票や指示書に書かれている通りに商品を探して持ってくるのがピッキングという作業なのですが、現場によっては他にも行わなければならない作業がある場合があります。
たとえば、トラックが運んできた荷物をドライバーさんと一緒に降ろす作業、その荷物を倉庫内の指定された場所まで運んで行く作業、商品に破損や傷がないかなどをチェックする作業などです。

ピッキングのメリットとデメリット

ピッキングはほとんどが軽作業なのでとくに女性やシニアの方から人気の仕事です。たまに重たい荷物もありますが、機械を使って降ろしたり運んだりしますので、重労働はめったにありません。
伝票や指示書に従って作業を進めるため、未経験者でも初日からすぐに作業を開始することができます。商品の場所を覚えるまでは大変ですが、数字などで指定場所がわかるようになっていますので商品探しに迷うことはありません。

ノルマがある!?

職場や現場によってノルマの有無には違いがあります。とくに忙しくなるお中元やお歳暮の時期は普段の倍以上の作業をこなさなければならないこともあります。
しかし、作業が遅いからという理由やノルマを達成できないからという理由で辞めさせられてしまうことはありません。簡単な作業ですが慣れるまでに時間がかかってしまう方もいます。ゆっくりとひとつずつ作業を覚えていくと良いと思います。

関連記事