人気のアルバイトのヒミツ、覗いてみませんか? 短く・賢く・楽しく働ける 『倉庫内軽作業』

倉庫内軽作業の初耳学 > 作業内容 > 女性に大人気!検品作業の主な内容についてご紹介

女性に大人気!検品作業の主な内容についてご紹介


倉庫内に運ばれてきた商品に傷や破損がないかなど、ひとつひとつ手作業で目視しながらチェックしていく作業のことを検品と言います。検品のみの作業を行うという職場や現場はあまりなく、仕分けや梱包などの作業を合わせて行うことが多くあります。
主にどのような検品作業があるのか、実際に求人情報に掲載されていた情報をもとにご紹介しましょう。

自動車部品の検品作業

自動車の部品を仕分けし、傷や破損がないかをチェックし、梱包する仕事です。検品だけではなく、仕分けと梱包の作業も合わせて行わなければなりません。
自動車の部品はとても小さくて手のひらサイズの部品ばかりなので、検品中に破損してしまわないよう、ひとつひとつ丁寧に行います。

ホッカイロに仕分けと検品作業

ホッカイロを仕分けし、破損している商品や品質の悪い商品がないかを検品する作業です。ジャージやスウェット以外の動きやすい服装で作業してくださいといった決まりがある職場もあります。

お酒のビンの検品作業と箱詰め作業

お酒のビンの検品をし、さらに出荷するための箱詰め作業も行います。作業スピードも退治ですが、ビンは割れやすい製品なので破損させてしまわないよう、正確に丁寧に作業することが必要です。

化粧品のボトルを投入する作業と検品作業と箱詰め作業

まずは、化粧品のボトルを機械にセットし、機械から取り外す作業を行います。その後、ボトルに問題がないかを検品作業によってチェックします。最後に、商品として出荷して良いと判断したものを箱に詰めていきます。
職場や現場によっては作業服や靴の貸し出しがあります。基本的にサンダル等は禁止されており、作業中だけではなく出勤時に履いて来ることも禁止されています。

4つの検品作業についてご紹介しましたがイメージすることができたでしょうか。ほとんどの職場や現場で検品作業に合わせて仕分けや箱詰めなどの作業を行うことがあります。また、職場や現場までは自分で行かなければならないこともありますし、指定の場所から送迎バスが出ていることもあります。

関連記事